富士登山競走

概要

実施時期

毎年7月第4金曜日

開催地

山梨県富士吉田市

競技種目

山頂コース約21km/五合目コース約15km

スタート地点−ゴール地点

スタート地点:山梨県富士吉田市役所(標高770m)

ゴール地点:富士山頂(標高3730m)

おおよその参加人数

山頂コース・・・・・2,500名 五合目コース・・・1,276名 合 計・・・3,776名

給水・距離表示

給水:4箇所
距離表示:なし

参加資格

18才以上
2010年より山頂コースは過去3年間の大会において山頂コースは五合目関門通過タイム、五合目コースは五合目ゴールタイムが、それぞれ2時間25分以内の実績のあるランナーとなった。

特徴

知る人ぞ知る、日本山岳レースの代表大会。富士の裾野である富士吉田市役所から頂上までの約3000mを制限時間4時間半で登る大会。

2006年の時点で59回目を迎えるほど、歴史は古い。

2006年からスタートは前列に前年完走者。未完走者はその後に並ぶ。(山頂コース)

尚、前年完走者は3桁以下のゼッケンをもらえる。その他は1000番以降となる。(男子の場合)

前半の馬返しまでは、舗装路(とはいえ後半はずいぶん道も荒れている)。徐々に勾配が増えていく11km。標高差は330mだが、正直、きつい。ちなみにこの馬返しが0合目。

五合目までは、林の中を走る(歩く?)林間コース。足場はよくない。1合目、2合目と距離表示は無いが、頭の中で残りは計算できる。コースも徐々に狭くなるので、前を抜かすのがだんだん困難になっていく。

五合目の関門をクリアすると次は八合目をめざす。砂じゃりの中をもがきながら上に進む。天気がよければ山頂を拝むことができる。

八合目関門を通過できればいよいよ山頂ゴールへ。4時間30分ぴったりにロープによって関門が切れれる。天国と地獄をわけるロープだ。

とにかくスタートからゴールまで、1mたりとも下りは無い。というより平地がない。常に4時間半登り続けなければいけないというのが、体力以上に精神的にきついものがある。

ゴール後は、自力で五合目まで下山。バスでスタート地点に戻る。なお、おにぎり弁当が五合目で支給される。完走記念品はスタート地点である市役所でレース後受け取る。

2005年はスタート直後の混乱等もあるほど、昨今熱を帯びている。2006年山頂コースはエントリー締切日前に定員一杯で募集終了。

完走人数(率)は以下のとおり

YEAR山頂コース男子山頂コース女子5合目コース男子5合目コース女子
2005991人(42・5%)37人(27%)319人(86%)70人(79・5%)
20061049人(45・8%)38人(29.2%)414人(93.2%)81人(88.0%)

その他

手荷物預かり(あり)手荷物はスタート地点から五合目まで輸送される。

貴重品預かり(なし)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2017-12-01 (金) 12:51:51 (145d)