用品・グッズ

ハイドレーション

ここでは、水分補給の機能のついたアイテムを指す。ハイドレーションバックともいいリックに入れ背負う物。(ウェストポーチに入れるタイプもある。)

一般的にポリウレタンでできた袋(リザーバーともいう)にチューブがつき、その先にバルブがついている。バルブを噛むことによって水分を取ることができる。一度に少量の水分を取る感じとなる。

そのリザーバーをLSDバック等に積み、チューブを前に出して補給する。通常だと背中にあるバックをおろして水を取る必要があったが、これだと背負ったまま、しかも両手が開いた状態で水分の補給ができる。また、少量ずつ飲むので、ペットボトルから飲む量よりはトータル的に少なく取る傾向にある。

入れられる水分の量は製品によってまちまちだが、1.5リッターから3リッターくらいまでが通常。もちろん、3リッターも持てば約3kgを背負うことになるので、目的に応じて最適の量の水分を持つこととなる。

外から残量がわからないので、慣れないうちは時々確認が必要。飲みたい時にカラなんてこともある。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2012-02-07 (火) 18:12:39 (2054d)