トレーニング

郊外の山を走る。とはいえ、コースにもよるが、上りは早歩き(もしくは歩き)、平地・下りはランというイメージ。

夏場だと、通常のロードではとても走れない距離も、トレイルだと木陰や標高もあり軽快に走れる。

上り下りがあるので適度なインターバルトレーニングにもなるし、非日常的な場所でのランニングは気分転換になる。

ペース等より、ゆっくり長くを楽しむことをお勧めします。

トレイルコースは水分の補給やトイレ等が通常のロードのようにいかないことがあるので準備は慎重に。

また、トレイルランは非常に負荷が高い練習なので準備体操はもとより、整理体操及びその後のケアには十分気を使いたい。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2012-02-07 (火) 18:12:38 (2054d)