トレーニング

1952年のヘルシンキオリンピックで、5000m、1万m、マラソンの長距離3種目で金メダルを獲得したエミール・ザトペック選手(旧チェコスロバキア)が行っていたことで世界に広まったトレーニング法。

疾走(無酸素運動)とジョグ(有酸素運動)を繰り返すことで、スピード持久力を高める効果があり、フルマラソンのトレーニングとしても有効。

400m×10本といったショートインターバルから2000m×5本などのロングインターバルがある。

季節や目標とするレースの距離に応じて距離を変える。

http://www.runnet.co.jp/beginners/jiten/main.php より)

by「た」

具体的には、心拍数等でチェックするのが有効か。

例えば疾走時は心拍数が1分間170〜180拍くらいになるまで追い込む。ジョグは1分間120〜130拍。それを5本等。

いずれにせよ、体には負荷がかかるので、週のトレーニングのポイント練習としたい。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ
Last-modified: 2012-02-07 (火) 18:12:37 (2054d)